○○事務所
本文へジャンプ

制御盤の安全システム

機械制御盤を構成する電気装置は、IEC 60204-1(機械の電気装置)により機械類の安全性についての一般要求事項が求められます。
ここでは、 機械制御盤を構成する機器・器具に対する具体的な要求事項を取り上げ、関係する富士電機製品を紹介致します。
                                                       

国際規格動向

従来から欧州では、機械の安全性に関する基本概念や設計の原則を規定する安全規格EN 292が幅広く活用されてきました。このEN 292が、国際安全規格化されISO 12100(機械類の安全性−基本概念,設計のための一般原則)として、2003年に発行されました。
その骨子は、今までの日本に見られたような教育・訓練・マニュアルを重視し災害ゼロを目指すのではなく、機械設備の安全を設計段階から配慮し、規格に示されたリスク低減のための方法論に従い、「設備に安全を造りこむ」ことです。−即ち、「機械は故障するもの・人は間違いを犯すもの」が前提です。
他に、EN954-1の国際安全規格化ISO 13849-1(制御システムの安全関連部第一部)やIEC 60204(機械の電気装置)、 IEC 61508(電気・電子・プログラマブル電子安全関連系の機能安全)など基本となる規格をはじめ、様々な国際安全規格が発行されています。

詳細

電源断路機器

詳細

過電流/過負荷保護

欧州発の安全に対する新しい国際潮流


EC指令(欧州連合の官報)

例)
機械指令(Machine Directive)
・第8条 すべての機械類にEC適合宣言書を作成、CEマーキングの表示

EN規格

機械装置の規格

例)
EN 60292-1,2(機械の安全-基礎概念、設計原則)
EN 60204-1(機械の安全-機械設備の電気機器)
・4.2項 機器の選択:EN規格、IEC規格の選定

電気機器の規格

例)
EN 60947-2(配線用遮断器)
EN 60947-4-1(接触器、モータスタータ)

詳細

AS-i Safeteyを使用した
非常停止システム

詳細

Safetey対応インバーターによる
非常停止システムへの応用

詳細

E/E/PE機器による
安全システム

詳細

Safetey規格要件と
AS-i Safetey

国内の動向
ISO 12100/ISO 13849-1/IEC 61508は、それぞれJIS B 9700/JIS B 9705/JIS C 0508にJIS化され、その他の国際安全規格も順次JIS化されています。まだJISとして発行されていない規格も多数ありますが、今後順次発行されるので注意が必要です。
国内法では、2006年4月に労働安全衛生法が改正され、「危険性・有害性等調査および必要な処置の実施」が記載されました。これにより、「機械設備の新規導入または変更時、作業方法や手順を変更した時」などにリスクアセスメントの実施が義務付けられました。
今後は、機械設備の設計者・製造者・設置者・運用者は、安全に関する規格や技術動向を常に把握し、安全確保のために最善を尽くす必要があります。
詳細

故障時の制御機能

詳細

非常停止用機器

安全の考え方

安全作業規準・教育に依存からリスク低減方式へ
ISO12100の制定 安全対策は全世界の技術動向
Copyright (C) 2009 by TOKYOSANYOAUTOME Corporation. All Right Reserved
BACKE
HOME